注文住宅は自分の希望とプロの意見が大事

掛川市に新築一戸建てを建てようと決意したのは、両親が暮らしていた家が空き家になり、建て替えを考え始めました。土地はあるので、地域の環境を考え注文住宅にしました。
家の家でいいと思う処はリビングが二階で雨の日でも、冬でも明るいところでしょうか。
将来を考えエレベーターも設置しました。二階に荷物を運ぶのにとても便利です。
後悔しているのは、玄関の位置です。北東に東向きで玄関がありますが、冬の北風が強くドアを開けるのが大変です。やはり南東や南の位置に玄関を持って行くべきだと後悔しています。
土地の環境をよく考慮して間取りを考えないといけないと痛感しました。
家を作るのに家族の希望は明るいリビングでしたので、それは叶っています。
子供は高校生でしたので、独立した部屋をと思い、専用クローゼットや本棚を設置して、部屋を広く使えるようにしました。
個別の部屋は一階なので、部屋に接している廊下をいつも通り気配を感じられるようにしました。
家を建てるときは、家族の気持ちが同じ方向を向きますので、仲良く計画を練ることができました。
団結力が増したように思います。

カテゴリー: 注文住宅 パーマリンク