住宅ローンは支払総額で判断しよう!

自宅を新築した時の経験です。住宅ローンは金融機関とその商品の組み合わせで何千種類もあると聞いたことがありますが、どんなローンが自分に合っているのか、得なのかが全然わかりません。長期間に渡る返済だから支払額が一定で計画が立て安い固定金利がリスクが低い→それならばフラット35だ!と安易な発想でローンの計画を進めていました。しかし、工務店の営業担当者がローンアドバイザーの資格がある方だったので、住宅ローンに不可欠な団信の保険料を金融機関が負担するキャンペーンを見つけてオススメしてくださいました。一見、固定の金利は後者のローンの方が高いのですが、保険料無料のキャンペーンは非常にお得で、その他の手数料に関してもフラット35よりも安く済んでいることがわかりました。借り入れ金額と金利ばかりに目がいきますが、諸費用としてひとくくりにされる、手数料、保証料、団信保険料などを利子と含めて、総額いくらを返済するのかという観点を忘れずに検討することが大事だとわかりました。

カテゴリー: 住宅ローン パーマリンク