住宅ローン審査を通るにはココがポイント!

住宅ローンの審査が通るかどうかはその人だけでなく、家庭全体の懸念事項ですよね。

たとえ審査に落ちたとしても金融機関はその理由を教えてくれません。

なので審査基準が不透明でわかりづらいと言われています。

そんななか、審査のときに見られているポイントは以下のようなものみたいです。

まずは年齢です。

住宅ローンの返済期間は長いことがほとんどですから、高齢になるほど通りにくいようです。

つづいては、職業と年収です。

金融機関としては「この人は返してくれる能力がある」と判断した人にしかローンを組んでほしくありません。

そのため、職業や年収が考慮されるのは当たり前かもしれませんね。

そして現在の借入の返済状況や過去の返済履歴がみられます。

他の金融機関で返済が滞っている人は信頼できないとされ、審査に通りづらいようです。

これも仕方ないことかもしれませんね。

一般的に以上のようなことが審査基準として設けられているみたいです。

もし審査に通らなかった方でも、別の金融機関に申し込んだら通過したなんてこともあるので一概には言えませんが、上記項目が目安にはなっているかと思います。

カテゴリー: 住宅ローン パーマリンク