住宅ローンを組めるのは会社の給料が決まった日に振り込まれているから。

住宅ローンを組む時に必要になってくるのが、源泉徴収です。

会社からの収入を証明出来るものが、源泉徴収であって、収入の状態が一目で分かるようになっています。

3年分の源泉徴収が必要になるはずですが、同じ会社に勤めている機関は1年間でよくなってきています。

頭金が500万円とか、同じ会社に3年以上とか、厳しい審査がなくなってきているので、住宅の購入は本当に楽に購入出来るようになっています。

住宅を購入すると、引かれる税金が変わって来ますので、会社には購入がすぐに分かると思います。

収入を定期的にしっかりと決まった日にお金が入ることが、会社の体力と信用になりますので、決まった日にお金が入っていることに感謝しなくてはいけません。

給料をもらうことが当たり前ではなく、自分でお金を稼げるようになって初めて、会社に感謝の気持ちが出てくると思います。

住宅ローンが組めることが、会社の信用も含まれているということを、しっかりと理解しておきましょう。