経済に疎く管理能力も乏しいもので…

住宅を購入するにあたり迷ったことの一つに住宅ローンの形態があります。

現金で購入というわけにはいかないのでローンを組むことになったのですが、変動金利と固定金利のどちらを選ぶかで迷ったのです。

低金利時代ですから変動金利はとても安く魅力的でした。

当時住んでいた賃貸アパートの家賃と比較しても、月々の返済はかなり安くなる計算だったのです。

けれど、35年返済のフルローンを組むつもりでしたので、果たして35年先まで毎月変動する金利の動向を把握していられるだろうかという不安がありました。

もし金利が急激に上がっていきそうだと思えば固定金利に切り替える等の判断も必要になります。

わたしも主人も経済に疎いので、動向を読んで変動する金利を35年間も予測し管理するのは不可能だと思いました。

それはとてもリスクが高いことのように感じましたので、結局は固定を検討し、中でも最初から最後まで金利が変わらないフラット35を選びました。

現時点では変動金利に比べ割高にはなりますが、35年間決まった金額を毎月返済すればいいというのはとても気持ちの面で楽なものです。

たとえ最終的に返済額が変動に比べて高額になろうとも、安心感と手軽感の分だと思えば惜しくないと思っています。

カテゴリー: 住宅ローン パーマリンク